面接をクリアしよう

正しい履歴書の書き方

履歴書を持って行くか先に郵送するか、会社によって変わります。
必ず用意しなければいけないということは共通しているので、忘れないで書いてください。
丁寧に書くことが、採用されるコツになります。
汚い字で書かれていると、読む気が無くなってしまいます。
ですから良いことをたくさん書いてあったとしても、読まれずに不採用になる可能性があります。

時間がない時は焦って、汚い字になることが多いです。
転職する時は、時間に余裕を持って行動してください。
すると履歴書を丁寧に書く時間が生まれるので、面接官の目に留まりやすくなります。
また、空欄を作らないように意識しましょう。
空欄が1つでもあると、やる気のない人間だと思われてしまいます。

身だしなみチェック

身だしなみを整えることは、人間として当たり前のことです。
ほとんどの会社では、人間性を最も重要に考えています。
汚い恰好をしていたり、仕事をするのにふさわしくない恰好をしていたりする人は人間性に問題があると思われます。
そんな人は採用しても、他の社員と仲良くできずにトラブルを起こしてしまうかもしれません。
そんな人材は必要ないので、見た目がよくないだけで不採用になります。

身だしなみを整える意識を持ってください。
自分でどのような外見にすれば良いのか分からない時は、周囲の人間から意見をもらいましょう。
客観的に見てもらえば、改善点が見つかることがあります。
汚い服装はもちろん、派手な髪形や服装も気をつけた方が良いです。


この記事をシェアする